「キャビン」

キャビン [DVD]



森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられ た古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コ ントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。 



2013年観そびれ映画「キャビン」観ました。
一応ホラー映画???なの????


わたしかなりビビリなんだけど、全然怖くなかった。
むしろこっちが怖がろうと徐々にモチベーションを上げていってるのに

「ざーんねーんでした☆(*゚д゚⊂彡☆))Д`)」

とばかりにフラグをバッキバキへし折ってくかんじの
フラグクラッシュホラー(?)です。

今考えましたこのキャッチコピー。


特にホラー映画に詳しいわけじゃないけど、いわゆる「ホラーのお約束」を
逆手に取った、かなり斬新なシナリオだと思う。
斬新すぎて演出が追い付けなかったのか、
大真面目なのかギャグなのか判断に苦しむシーンも多々ありましたが
総合的に大変おもしろかったです。満足!(*゚∀゚)=3


以下、ネタバレ全開の感想です。ご注意ください( ´ー`)
映画を観た人にしかわからない感想ですんまっせん。

あ、これから映画を楽しみたい人は日本版PVは絶対見ない方がいいです!
あれはヒドい。肝心なシーンが全部見えちゃってるよ・・・・・。















どこが斬新かっていうのはホラーマニアの方々が丁寧に説明してくださってる
ブログがザクザクあるんで、省略!!( ´ー`)




☆個人的見どころその1



投げやりなフレンドリーな壁画!



生贄の条件(属性)を描いた5枚の壁画。
地下に眠る太古の巨神を鎮めるため、連綿と続いてきた儀式であることを
証明するための壁画・・・・・?のはずなんだが・・・


















えっ・・・・ピクトさん!?!?!?













(参考画像:ピクト氏)

もう少し禍々しいデザインの壁画ならヤバい儀式的な雰囲気が出るんだが
これがピクトさんになると、なにか愉快なアトラクションかな?(゚▽゚*)
わくわくしてしまうではないですか。
(まあある意味ラストは愉快なアトラクションみたいなもんだったが)

怪物のCGに予算使いすぎて、壁画の美術まで手が回らなかったのかな・・・





☆個人的見どころその2



♪どんぐりころころ除霊


この生贄儀式は世界各国で行われているらしいということは
ちょいちょい映る管制室のモニタやら監視者のオッサンたちの会話から察しがつくんだが
日本支部のモニタに映し出される除霊シーン(つまり生贄は失敗)がなぜか


学校の教室で悪霊を囲んで輪になった女児たちがどんぐりころころを唱和 



除霊成功?悪霊がカエルに変☆身



という、何を参考にしたのかわからないジャパニーズホラーが
繰り広げられておりまして・・・・。
(ネタ解説動画見ると一応リングネタらしいんだけど、どんぐりころころ程度で
どうにかできる貞子さまではあるまいて・・・・)

牧歌的などんぐりころころのリズムにもだえ苦しむ悪霊が気の毒でした(´;ω;`)

ところであの女児さんたち、どう考えても5つの属性に当てはまらない気が
するんですけど、日本式は生贄の条件が違うんかしら。




☆個人的見どころその3



個人的っつーかこれ見たホラーファンが全員大喜びのクライマックスシーン、



血眼になって追いかけてくる特殊部隊からデイナとマーティが逃げ込んだ
警備室??のようなところにいかにも~な緊急スイッチ!
なんかコンソールが古いよ!それタイムボカン世代くらいのコンソールじゃない!?
きっと予算がないんだなこの施設!



半ばやけっぱちにスイッチをぽちっとな!するデイナ

不吉な起動音とともにエレベータが動き、そして



\チーン/




エレベータホールにモンスター大☆集☆合

そして始まる大虐殺!

SATも監視者も血祭り!まさに阿鼻叫喚!!



あのさ、ちょっといいかな、


ねえ、なんでそのスイッチ作っちゃったの


どう考えても施設の設計者が元凶です。あっさては地下の巨神の(


もうね、ここ最高でした。
きっとこのシーンがやりたかったんだね監督!
わたしここのシーンを見るためだけに映画館行って1800円払ってもよかったよ!!!


前述のとおり、わたし別にホラーマニアというわけではなく、
はっきり元ネタがわかったのは「エイリアン」のフェイスハガーと
「死霊のはらわた」の木(?)くらいでしたね~。


( ゚∀゚)「あっナルガクルガだ!」


と思ったのは「ブレイド2」のドラゴンバットでした。見てない。
答え合わせはこちらのサイトで↓

「10分でわかる映画『キャビン』に登場する全てのホラーネタ」


エレベーターホールでの虐殺シーン、すみっちょのほうにいたゾンビが
なんか緑色の汁汁しいものをゲロゲロやってたし、
ラテン語の呪文でゾンビ一家が蘇るところなんかも「死霊のはらわた」
を彷彿とさせるし、特にサム・ライミリスペクトを感じたよ!

サム・ライミはスパイダーマンより死霊のはらわたより、
断然「スペル」が好きです(*⁰▿⁰*)あんなに笑ったホラー映画ないよ!


スペル コレクターズ・エディション [DVD]
東北新社 (2010-04-23)
売り上げランキング: 59,625


地下に封印されてるヤツ、字幕が確か「古き神」?だったか
「太古の巨神」だかそんな感じだったんで、なんとなくオチはクトゥルフなのかなと
思ってたんだけど、ラストは手だけでしたねww
全身像見たかったわあ~。


は~、楽しかった。
クリステン・コノリーもかわいかったし、フラン・クランツもめっさ好み(*ꆤ.̫ꆤ*)
細かいことは気にすんな的ノリでおもしろかったです。こういうホラーいいなあ。


ところで楽しみにしてた「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」が
気軽に行ける範囲の映画館では公開がありませんですた(´;ω;`)
まあこれもレンタルで見ますかね











0 コメント:

コメントを投稿