メトロポリタン美術館 古代エジプト展メモ




正月に行ったメトロポリタン美術館 古代エジプト展(神戸市立博物館)
が大変よかったので、いまさら思い出しメモメモ。

公式: http://met-egypt2014.jp/





展示室入ってまず思ったのが、

よく残ってたな!よく見つけたな!!
そんでよく掘り出したな!!!!!


・・・ってことですかね。

だってそこにドーンて置いてある像、紀元前1400年とかだよ???
花崗岩のハトシェプスト女王像とか石灰岩のスフィンクス像なんて
ガラスケースもなしにドン!と置いてあってハラハラしたw大丈夫なのあれ

現存すること自体が奇跡みたいなもんだし、発掘には気の遠くなるような
時間とお金がかかっただろうし、造形や美術的価値がどうとかいうより
まず目の前に実物があるということ自体に感動した。
メトロポリタンもよく貸してくれたよね!!


展示は全部で7章にテーマ分けされてて、
1章はハトシェプスト女王にまつわる展示物、2章がハトホルだったんだけど、


 もうね、2章ずっと 牛無双◝(⁰▿⁰三⁰▿⁰)◜


ひたすら!!
頭部全体が牛なこともあれば耳だけ牛とか、見た目人間だけど角生えてるとか。
とりあえず体の一部でも(耳とか)牛っぽかったらそれはハトホルらしいよ!
おぼえました!!

メガテンでもお世話になってるハトホルさん、わたしずっと誤解してたんだけど、
頭のアレは冠的なかぶりものじゃなくて角なのね!!まるいのは太陽!
















あとハトホル関連の展示物では「シストラム」っていう宗教楽器がやたら多かった。
実際の音が聞けるコーナー(天井のスピーカーから聞こえる)があって、
シャカシャカというかシャラシャラというか、ウィンドチャイムをめっちゃ細くしたような、
楽器というにはかなり心もとない繊細な音がしました。


で、牛ゾーンを抜けるとそこはめくるめく動物のせかい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


ネコ・カバ・ライオン・ヘビ・カエル・ジャッカル、神像だろうがレリーフだろうが
装身具だろうが楽器だろうが壺だろうが、んもう動物モチーフだらけ☆
ここらへんのゾーンが見ていて一番楽しかったかな。

なんでエジプトの神々がみんな動物の形かっていうのは色々理由があって
本読んでても学者によって言うこと違うんだけど、実物を目の前にすると
ひとりでに想像が膨らむな~。たのしいな~(*⁰▿⁰*)



今回の展示のテーマが「女王と女神」だったんで、神像やレリーフの他にも
化粧道具やアクセサリ類がたくさん展示されてて、女性のお客さんはみんな
目を輝かせて釘づけになってたw

惜しかったのは、細かい細工のスカラベやビーズなんか爪の先くらいの大きさしかなくて、
ガラスケース越しだと細部までちゃんと見えなかったこと。
鑑賞用のルーペや双眼鏡を持ってる方を展覧会でたまに見かけるが、
わたしもひとつ買おうかなあと思った。もっと隅々まで見たかった!!!



他にも、ミイラ作る時に取り出した内臓入れとくカノポス壺とか、
(これ想像してたよりずっとでかかった。)
キヤ(アクエンアテン王の妃のひとり)のレリーフとか印象深い展示がいっぱいで、
2時間くらいかなあ、かなりじっくりたっぷり楽しんで見てきた。




全部の展示物の中で一番気に入ったのが「呪術のための壺」(Magical Jar)と
題のついたタウェレト女神の小さな壺で、グッズコーナーで再現ストラップを
見つけたので迷わずゲットだぜ✧\٩( 'ω' )و // ✧

















ぐ  う  か  わ

これ実物は6cmくらいの釉薬凍石の壺で、
頭のとこはフタになっててパカっと開くらしい。
そんでそこにおまじない?を書いたパピルスを入れといたらしいと解説があった。

「呪術」っていうとちょっと禍々しい攻撃的なイメージだが、
このタウェレト女神は出産を司る女性と子供を守る神として信仰されてたらしいんで
実際はお守り的なアイテムだったんじゃなかろうかと。

全身まんまカバのタウェレト神像もあったんだけど、
こっちのキマイラタイプ(カバ+ライオン+ワニ+女性)直立スタイルが
なんともいえずユーモラスじゃなーい?(*ꆤ.̫ꆤ*)

















底の刻印もちゃんとあって感動した!
(これは儀式に使ったとか印鑑?みたいにしたとか諸説あり)
実物のヒビワレや色落ちも忠実に再現してあって、このストラップ超お気に入り(o´∀`o)



いやーほんとこの展覧会すごくよかった。たのしかった。
どのくらい楽しかったかっていうと、
ヒエログリフを勉強しだすくらいです。
この本わかりやすくてよかったです(*ꆤ.̫ꆤ*)おすすめ












ヒエログリフで名前を書くとこう!(`ФωФ')


とりあえず、鳥が書けないと古代エジプトでは生きていけないことがわかった。







0 コメント:

コメントを投稿