森絵都 『クラスメイツ』前期・後期

クラスメイツ 〈前期〉 クラスメイツ 〈後期〉


日本のYA文学をきりひらいてきた森絵都が、直木賞受賞後はじめて描く中学生群像。中学1年生24人のクラスメイトたち、その1人1人を主人公にした24のストーリーで思春期の1年間を描いた連作短編集。前期・後期の全2巻。 うれしい出会いや、ささいなきっかけの仲違い、初めての恋のときめき、仲間はずれの不安、自意識過剰の恥ずかしさや、通じあった気持ちのあたたかさ。子どもじゃないけど大人でもない、そんな特別な時間の中にいる中学生たちの1年間。だれもが身にしみるリアル。シリアスなのに笑えて、コミカルなのにしみじみとしたユーモアでくるんだ作品集。


森さんの作品は全部好きなんだけど、高校生の時に読んだ『宇宙のみなしご』は
一番繰り返し読んだ本だし、特別な思い入れがある。


『永遠の出口』以降は大人向け作品にシフトしたけど、これは久しぶりのYA向け作品で、
子供と大人の境目の不安定な時期に寄り添う繊細さとか、
思春期にぶちあたる微妙な問題もごまかさず美化せず描く森さんの姿勢が見てとれて、
ああ、十代の頃の自分に読ませたかったな、と思った。


お話自体から受け取ることももちろんあるだろうけど、この時期の微妙な気持ちを
「(小説として)ごまかさずに描いてくれる大人がいる」と認識すること自体が、
十代の頃には一種の救いになるんじゃないかと思う。


ひとつひとつのエピソードは短いけど、 あるエピソードで起こった事件が
他の子のエピソードで解決したり、同じ問題でも他の子のエピソードで語られると
まったく違う側面を見せたりして、面白い。

個人的には、気が強いのに涙もろくて、何かっていうとすぐ水泳部に勧誘してくる
藤田先生がいいキャラしてて好きw


『宇宙のみなしご』、YA作品だけどとってもいいので大人もぜひ。


宇宙のみなしご (角川文庫)
森 絵都
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 81,624


森絵都エッセンスがつまった短編集『気分上々』は、特に女性におすすめです。「ヨハネスブルクのマフィア」は去年読んだ短編の中で一番よかった。
森絵都 『気分上々』読書メモ


気分上々
気分上々
posted with amazlet at 14.11.18
森 絵都
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 342,401






0 コメント:

コメントを投稿