松田青子 『英子の森』

英子の森


彼女たちを「違う世界」へ連れて行ってくれる魔法、それは――
『スタッキング可能』でわたしたちが〈洗脳〉されている「社会」の「不確定さ・不安定さ」と「個人」の「代替可能性」をシニカルに描いた松田青子が贈る、待望の第2作品集。


松田青子 『英子の森』読了。

表題作の「英子の森」はまあざっくりいうと“母親の呪い系”で
マンガでも小説でもよくあるテーマだし、わたしもいくつか読んでるんだけど
それが森っていう心象風景(?)を通すとこんなに斬新に読めるのかと。


これもよかったんだけど、
TwitterやFBなどのSNSをやっていて、ブログでどうでもよいことを世界へ発信し
かつ自己顕示欲強い系の人(つまりわたしのような)
にはグッサリ刺さる「博士と助手」がえらい面白かったです。

で、なるほど、いつも通り大層おもしろく、早速「今回も○○節は健在!」「いつもの○○節が炸裂!」とそれぞれ書き込んだと。(中略)
なるほどー、それにしても○○節とはまた粋な表現をお使いになりますな。よくよくそのフレーズを見ていると別になにも言ってないじゃないか、情報としてゼロじゃないか、なんてことは気にせず「!」で押し切るその気概、アグレッシブでいいと思います。また、今回もということは、前回と同じ、つまりは毎回と同じだというわけで、それって製作者サイドからしたら言われてうれしい感想なのだろうか、とそんなこともちろんこちら側からしたら一ミリも関係ないわけですからね。ないですないです。(中略) p134

いや、まえださんすばらしいですよ。○○節。まえださんがその監督のことを知っていて、その監督の作品を毎回チェックしているという事実をさくっとみんなに知らしめたい、そのアピール、わたくしの胸にしかと突き刺さりました。みなさんの胸にも突き刺さりましたよね。ね、いやはや、なんと有効な言葉なんでしょうかねえ。それにしても節ってなんでしょうな、節って。 (p135)

ちなみにおおくぼさんには、新しく話題にのぼるようになった人に対してとにかく「天才!」と褒め称える必殺技もありまして、これもまた素晴らしい反射神経だなと、ええ。おおくぼさんは天才だらけの世界にお住まいになられて素敵ですね。 (p138-139)



すみませんでした(´;∀;`)



もうしません(´;ω;`)







0 コメント:

コメントを投稿