法月綸太郎 『ノックス・マシン』

ノックス・マシン


上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナル ド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる…。発表直後から SF&ミステリ界で絶賛された表題作「ノックス・マシン」、空前絶後の脱獄小説「バベルの牢獄」を含む、珠玉の中篇集。

「このミステリーがすごい!」2014年国内篇第一位。
う~ん、Amazonレビューでもさんざん言われてるけど、 「読み手を選ぶ」というか
「この本を楽しむためには資格が要る」というか・・・。

海外の古典ミステリ、SFに精通してる人じゃないと元ネタがわからない。
海外古典にはほとんど知識のないわたしが読んでも、ストーリーとしては
まあまあ面白いんだけど、「ああ、これって上澄みだな」っていう面白さで、
この本の真価はそこじゃないのはわかる。


完全マニア向け。わかる人がただただ羨ましい~(´-ω-`)




0 コメント:

コメントを投稿