西加奈子 『舞台』

舞台


29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日で盗難に遭 い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に…。決死の街歩きを経て、葉太が目にした 衝撃的な光景とは―。思いきり笑い、最後にはきっと泣いてしまう。―圧倒的な面白さで読ませる傑作長篇。

とりあえず葉太、めんどくさい。


自分探しとか自己愛とか自意識過剰とか、うん、最初は「あるあるー」って
生ぬるい感じで頷いていられるんだけど、ちょっとめんどくささが
しつこすぎて途中から苛々しっぱなしだった。

もう、ここまでいくと「病」の域じゃないか。
どうしてあそこまでネガティブ無双豆腐メンタルで生き延びられるんだろうか。
自分自身を心底嫌悪してるってのもわかるさ、わかるけどさ。

年齢設定がネックだったかな。十代後半ならまだしも、29歳ってお前。
いや、29歳までこのまま生き延びてきちゃった、っていう痛さが肝なんだろうね。

西さんの『きりこについて』が好きすぎるので、
葉太に関しても「ここまで」の話じゃなくて「そこから」が読みたかったなーと。


きりこについて (角川文庫)
西 加奈子
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-10-25)
売り上げランキング: 9,907



0 コメント:

コメントを投稿