深堀骨 『アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記』

アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)


その街では、謎の奇病「バフ熱」に冒された男が食用洗濯鋏に余生を捧げ、「蚯蚓、赤ん坊、あるいは砂糖水の沼」の三面記事ほどに陳腐な溜め息を吐くコイン ロッカーがあった。しかしときには、加藤剛をこよなく愛する諜報員が「隠密行動」を展開し、国際謀略に巻き込まれた茸学の権威「若松岩松教授のかくも驚く べき冒険」が繰り広げられる街。謎の物体「飛び小母さん」が目撃者たちの人生にささやかな足跡を残し、とある人妻とマンホールが哀しき「愛の陥穽」に堕ち たのもまた、この街の片隅だった。あるいはまた、「トップレス獅子舞考」が試みられた風俗発祥の地、江戸幕府を揺るがした「闇鍋奉行」暗躍で歴史に刻まれ る街―そう、柴刈天神前。このありふれた街と人に注がれた真摯な眼差しと洞察をもとに、現代文学から隔絶した孤高の筆が踊り叫ぶ、愛と浪漫と奇蹟の8篇。



群像2月号で初めて知った深堀骨氏。
あまりにも面白かったので他の作品も読みたかったのだが
唯一の単行本は品切れ重版未定という世知辛い世の中・・・_:(´ཀ`」 ∠):_

図書館で借りてみたけどこのバカバカしさ中毒になる。
小林信彦の「オヨヨ大統領」シリーズ(ってわかる人いますか・・・・・)
みたいなノリのバカっぽさ。
「愛の陥穽」 がよかったなあ。マンホールへの!恋!
あと「オッケペケ王国」がすでに出てきていてニヤリ。

群像2月号、なにかと話題になったしAmazonでもプレミア価格ですし、
重版か文庫化するなら今!今ですよ!!!!早川さん!!






0 コメント:

コメントを投稿