朝井まかて 『すかたん』

すかたん

江戸の饅頭屋のちゃきちゃき娘だった知里は、江戸詰め藩士だった夫の大坂赴任にともなって、初めて浪速の地を踏んだ。急な病で夫は亡くなり、自活するしかなくなった知里は、ふとしたはずみから、天下の台所・大坂でも有数の青物問屋「河内屋」に住み込み奉公することに。慣れない仕事や東西の習慣の違いに四苦八苦し、厳しいおかみさんから叱責されながらも、浪速の食の豊かさに目覚め、なんとか日々をつないでいく。おっちょこちょいで遊び人ながらも、幻の野菜作りには暴走気味の情熱を燃やす若旦那に引き込まれ、いつしか知里は恋に落ちていた。障害だらけのこの恋と、青物渡世の顛末やいかに。
書き下ろし長編時代小説。

朝井まかて 『すかたん』 読了。

直木賞受賞作 『恋歌』が、樋口一葉のお師匠さん・中野歌子と幕末を
描いたものだと知って興味が湧いたので、過去の作品を読んでみた。

宮部みゆきや宇江佐真理、あさのあつこの時代物は好きで良く読んでいたけど、
舞台が大阪というのは初めて読む・・・かなあ。

知里の奉公先の青物問屋・河内屋で出されるおばんざいをはじめ、
とにかく出てくる食べ物がどれもこれもおいしそう(*⁰▿⁰*)

厳しいお家さん(おかみさん)や、勘当寸前の若旦那・清太郎たち、
出てくるキャラクターがみんな魅力的で、
ちょっとそそっかしい若後家の知里が、お家さんに叱りとばされながらも懸命に働き、
いつしか若旦那に惹かれて揺れ動く気持ちに動揺するさまも
とても好感が持てて思わず応援したくなります。

青物の商いをめぐる、商人と百姓、お上も巻き込んだ騒動も
スカっとするオチで、収まるところに収まったなー、
めでたしめでたし、という気持ちのいい満足感がある。

ただ、エンタメ色が強いためか、心に残るものはあまりない。

その点、『恋歌』はかなり趣の違った作風なんだろうなーと思う。
今年中には読みたい・・・・ですね。


0 コメント:

コメントを投稿