岩城けい 『さようなら、オレンジ』

さようなら、オレンジ (単行本)


岩城けい 『さようなら、オレンジ』読了。
第二十九回太宰治賞受賞作。

異郷で言葉が伝わること―
それは生きる術を獲得すること。
人間としての尊厳を取り戻すこと。

オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の子どもを育てている。
母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。
そこには、自分の夢をなかばあきらめ夫について渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。

言語の壁、肌の色目の色の違い、"女"という性別そのものへの蔑み。

日本で生まれ日本で育ち、日本を出る予定もないわたしにとっては
"言葉の通じない異国で、女手ひとつで子供を育てる外国人"という
社会的マイノリティのサリマは、とてつもなく遠い存在である。

母語の読み書きすら出来ない。
そもそも自分が生まれた国がどのような名前かもよくわからない。夫も出て行った。
息子2人を育てるために職を得て必死で働き、わずかな自尊心を覚えるサリマ。
しかし、現地の学校へ通い、次第に英語を話すようになったサリマの息子たちですら、
英語のわからないサリマを蔑み、馬鹿にする。
わずかに芽生えた自尊心さえ、粉々に打ち砕かれる。


居場所がない。どこへも行けない。わたしはひとりだ。


"差別"だとか"尊厳"だとか"孤独"だとか、言葉にするとどこか息苦しく
煩わしさすら感じる、その重い重い逃れがたい苦しみが、
サリマの生活を通してリアルに伝わってくる。
遠い存在であるサリマが地に足をつけて生きるさまに、胸が詰まる。


あらすじからだと、いかにも辛く重苦しいストーリーのように感じるが
サリマやハリネズミ、パオラといった女性たちの強靭さと気高さ、
気遣いを持って彼女らに接する周囲の人間の暖かさ、
そういう細かい丁寧な描写が、全体を爽やかな印象にしていて
読んでいても息苦しさが全くない。

こういうものを表現するために"小説"という媒体が生まれたのだと感じた。
とてもいいものを読んだ。


2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おおお! この本、気になってたのです。
    太宰治賞作品は『チューバはうたう』と『こちらあみ子』しか読んだことないのですが、
    どちらも好きな雰囲気の本だったので、信頼できる賞だ、と(笑)。
    『さようなら、オレンジ』も読んでみます!

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやあ、これは良かったですー。重いテーマなのであらすじだけでけっこうビビっていたのですが。
    太宰治が若干苦手なので受賞作もイマイチ手が伸びませんでしたが、反省しましたw
    『チューバはうたう』も良さそうですね!
    リストに入れておきます~(*´ェ`*)

    返信削除