折口真喜子 『踊る猫』

踊る猫


折口真喜子 『踊る猫』読了。

昔むかし、人々の見えるもの聞こえるものが、
今より少しだけ多かった時代。
不思議なできごとは、いつもすぐそばにあった―――――。

装丁かわいい。めっちゃかわいい。
自分的装丁大賞ですわ。ダ・ヴィンチの装丁大賞ってまだやってんのん?

江戸時代の物の怪ミステリーっていうと宮部みゆきをはじめ、
畠中恵やら高橋由太やら、人気シリーズが山ほどありますが、
これは江戸中期の俳人・与謝蕪村が主人公という、一風変わった物の怪ものの連作短編集。

ミステリーというには事件性が薄く、怪異譚というほど怖くもない。
蕪村が主人公なだけあって、ほのぼのというか、風流でマイルド。
「夜の鶴」なんかはけっこうずっしりきたけども、救いのあるラストでよかった。

個人的に、時代ものは地に足つけて生きる市井の人々の苦しみや喜びとか
そういう泥臭い人間ドラマが描かれているほうが好きなんですよね。
それだけに、もっと“ずっしりめ”のほうの話が読みたいなーと思った。

さらーっと読めます。人殺されたりとか怨念とかそういうの疲れたのよね、
っていう人にはとてもいいと思います。

デビュー作にしては大変に完成度が高く、文章がきれいというか、優しい。
まだこれ一作しかないので、新しいものが出たらチェックします。
時代ものじゃないものも読んでみたいな。


0 コメント:

コメントを投稿