マイクル・コーニィ 『ハローサマー、グッドバイ』

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)


マイクル・コーニィ 『ハローサマー、グッドバイ』 読了。

夏休暇をすごすため、政府高官の息子ドローヴは港町パラークシを訪れ、宿屋の少女ブラウンアイズと念願の再会をはたす。粘流が到来し、戦争の影がしだいに町を覆いゆくなか、愛を深める少年と少女。だが壮大な機密計画がふたりを分かつ…少年の忘れえぬひと夏を描いた、SF史上屈指の青春恋愛小説、待望の完全新訳版。  (裏表紙あらすじより)

先に言うておきますが、わたし、SF超苦手。

TLでとある書店員さんが呟いてらしたので、
夏っぽいタイトルとキャッチーな装丁に惹かれて購入。
寝る前に、「ちょっと導入だけ~」と思って読み始めたのが
面白くて止まらなくてですね。久々の貫★徹(´∀`o)ハハハ

うむむ。今までハインラインとかアシモフとかブラッドベリとかディックとか
御大クラスくらいしかまともに読んだことないんだけど、
これもけっこう有名なんです・・・ね??

なんだよこういうSFあるなら早く教えてくれよう。

作者による前書きに「これは恋愛小説であり、戦争小説であり、SF小説であり、
さらにもっとほかの多くのものでもある。」と最初に断りがあるとおり、
ストーリーの主軸が恋愛、それもボーイ・ミーツ・ガール的青春小説ノリなので
SFカテゴリが苦手な人(代表:わたし)でもサックサク読める。

ヴァカンスの地で一年ぶりに逢うすてきな女の子・ブラウンアイズに
ドキドキしつつ、(今のカッコワルイって思われなかったかな・・・)とか
そんなことばかり気にしているドローヴ少年が微笑ましく、
その分後半のブラウンアイズのガンガン来るかんじに若干ビビりつつ
十代の恋愛模様の甘酸っぱさに遠い目になったりね!!

が、その甘酸っぱさがうまいこと緩和しているのですが
確かに彼らは戦時下にあり、中盤からだんだんと緊迫した展開が続き
ただもう、彼らが無事に生き延びることを祈るしかない。

<微ネタバレ>思えば、作者の前書きからしてすでにトラップなわけですよね。
巧妙に張り巡らされた伏線を一気に回収するラスト3ページは
リアルに「なあああああああ!!」ってなりました(゚▽゚*)テヘ
<ネタバレ終>

うーん、面白かったです。
SFが苦手であり、SFを語れるほどSFを知らないのですが
「これはSFの傑作です」と言われれば「そうでしょうね」と素直に頷けます。

どうやら、続編の翻訳が10月?に出るようで
今からわっくわくしています(*゚∀゚)=3



0 コメント:

コメントを投稿