堕落部屋

川本史織著 『堕落部屋』

アイドル・コスプレイヤー・モデル・漫画家・主婦・OL。
オタク女子50人のポートレイトとその部屋を集めた写真集。


21世紀デカダンである。っていうかカオスである。

どの部屋もすごい。はんぱない。なんという潔い肚の括り方。


『げんしけん』1巻で、主人公・笹原くんが、同級生の高坂くん家へ
遊びに行き、その部屋に足を踏み入れた瞬間
「俺に足りないのは覚悟だ」
と痛感する名シーンがありますが、それを思い出した。

げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144))げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144))
(2002/12/18)
木尾 士目

商品詳細を見る


壁一面を埋め尽くすポスター、積み上げられたコミックス、
スチールの棚に無理やり埋め込まれて変形しているぬいぐるみ、
部屋に鎮座する、(ゲーム専用と思しき)巨大モニタ、
整然と飾られたフィギュア、ドール、コスプレ衣装・・・。

それぞれジャンルは違うけれど、
“過熱しすぎた萌え”“終わりのない欲望”的なものが垣間見える。

もう買ったそばから積み上げ、愛で、とにかく
好きなものに埋まっていないと落ち着かない、みたいな
床が見えないような部屋もあれば、
美しく整然と飾られたアイテムが妄執的なアレを感じる部屋もあり、
逆に、徹底的にモノを排除した、寝床とモニタとゲーム機しかない、
という部屋もある。

写真から漂う
“好きなものに生活すべてまるごと持ってかれる感”が
なんともいえず中毒になります。うん。


ただこれ、モデルさんとかアイドルとか、
“外見が大変美しく、一見オタクには見えない女子”ばかり、
という点が落とし穴ともいえる。

例えば『海月姫』に出てきた天水館の尼~ず的な、
外見に全く頓着しない、“女捨ててる”系の女子だったら、
部屋から感じるものが“嫌悪”に変わる可能性も充分あるな~って。

いやあ。見た目って、だいじだよね。




わたしもそろそろ、
このへんの箱のまま積み上げられたフィギュアとか、

編集_130529_0004~01_R

途中からジャンル分けを諦めたのがモロバレな棚とか

編集_130529_0004~02_R

なんとかしたいな☆なんてねー_(′ω‵_)⌒)_

夢二日記〈1(明治40年~大正4年)〉夢二日記〈1(明治40年~大正4年)〉
(1987/05)
竹久 夢二

商品詳細を見る


竹久夢二の『夢二日記』読んだ。

ひどい!!夢二は酷い男!!!

竹久夢二が記した明治40年から昭和9年までの日記である。
夢二の没後、有島生馬(有島武郎の弟)の手で保管された
大量のノートやスケッチブックを編纂したもので、
幸運にも関東大震災による消失を免れたが、亡失した部分も少なくないようだ。

夢二のあの、抒情的な美人画を知らぬ人はいないだろう。
そのモデルとなった数多の美しい女たちと、夢二は恋を重ねた。

私はあまりに女性の美を知りすぎる、また女性を愛し過ぎる。
あまり愛し過ぎるから妻としてみてゐることが出来ないのだ。
愛し過ぎるから憎いのだ。
夫婦はもつと冷やかに静かに愛すべきものなのであつた。
夫婦が純な、熱烈な愛を持ち合ふといふことは、社会生存のために害になるものだ。さめよ、さめよ、そしておちつきはらつてゐろ。(後略)

大正4年4月6日



夢二は日記の中で自らこう記している。
画家・詩人としては優れていたかもしれないが、
夢二のあまりに女性に気が多い性質は、到底良い夫、父親とは言い難い。
それは本人も自覚していたような文章である。

これを書いたのは夢二が笠井彦乃と結ばれる直前、大正4年4月6日の事だ。
引用した4月6日付の日記の後半は、
断ち切れない彦乃への思慕と思われる煩悶が綴られている。
��当時夢二32歳、彦乃は20歳で、彦乃の父親は娘と夢二を引き離そうとしていた)

妻のたまきとは明治40年に入籍し、その2年後に協議離婚した後も
離婚の翌年からまた同棲したり一緒に旅行に行ったりしていて、
離婚後にも次男・三男を設けている。

次男の不二彦、三男の草一は非常に不憫で、
同居したり別居したりを繰り返す両親に振り回されて、
その都度東京や京都の家を転々とする。
三男の草一に至っては、置いていかれたり預けられたりした挙句、
最終的に養子に出されている。

ただ、夢二は次男のちこ(不二彦)を非常に可愛がっていたようで
��次男だけ可愛がったのか、草一はたまきが離さなかったのかはわからない
ただ、たまきは一度草一を放り出して出て行ったりしているので微妙)
ちことの会話が日記に頻繁に出てくるし、
ちこが寝込んでいる時などは心配で何も手に着かない様子である。

京都で同棲を始めた夢二と彦乃の元へ呼び寄せられた次男のちこ
��当時6歳?)は、父・夢二と、彦乃の三人で暮らし始める。
母親と離れ、父の新しい恋人との三人の暮らしは
ちこにとってどうだったのか。

まだ床の中にゐた。うとうとしてゐると、ちこは床の中で何か言つてゐる。「ねえちやんも、母ちやんもパヽもみんないつしよにゐられるやうに、どうぞ神さま、助けて下さい」お祈りをしてゐるのであつた。ながくおなし文句をくりかへして長く言つてゐた。食卓で今朝お祈りをしてゐたね。ときくと
パヽどうして知つた。
神さまからきいた。
神さま言つたの。
いゝや。
神様が言わないけれどさう思はせたんだろう。
さうだ、ちやんとわかる。

大正7年10月26日


※ねえちゃん=彦乃、母ちゃん=たまき、パパ=夢二

ちこが彦乃の病を心配し、お祈りをしているところを見ると、
三人での暮らしはうまくいっていたように思う。
京都での三人暮らしは2年ほど続いたが、
彦乃は病(結核か?)で入院し、その後父親によって無理矢理東京へ連れ戻され、
その2年後には25歳の若さでこの世を去っている。

Wikipediaをはじめ、夢二の女性遍歴を綴った文章には
「夢二の最愛の女・彦乃」という表現がしばしば見られる。
しかし、夢二は彦乃が東京に戻されて療養中の大正8年に出会った
モデルのかねよ(お葉)と、彦乃が病没した大正9年、
彦乃の訃報のわずか半年後にお葉と所帯を持っている。(入籍はない)

画家である夢二には創作のインスピレーションを与えてくれるミューズが
必要であり、常に彼自身がミューズに烈しい恋心を
抱いている必要があったのだろうか。

彼を愛し、彼に愛された数多の女性たちは幸せだったのだろうか。
そう思うと、あの抒情的で美しい美人画の女性たちもどこか寂しげに見える。

おべんとうの時間

私は、台所に立つ母の横にぴったりくっついて見てたから、全部覚えてるんです。兄と姉のお弁当を見て、「早く中学生になりたいなぁ」って、羨ましくってたまらなかったから。母は、夕飯の残り物をお弁当に入れることはなくて、夜トンカツだったら、パン粉をまぶしておいて、お弁当分は翌朝揚げていました。朝から、煮物やきんぴらも作って、起きると台所からいい匂いがしました。
 中学校に入学する春、父の仕事の都合で広島から福岡へ引っ越しました。転勤族で、引っ越しはしょっちゅうでしたけど、あの時ばかりは父に怒ったんですよ。「お母さんのお弁当が、食べられないじゃない」って。引っ越し先の中学は給食だったから、もうショックで。念願の弁当生活は、高校でやっと実現しました。(p104)

 弁当ってさ、作る人の性格が出るよね。うちのおふくろのは、ピシッと線を引いたみたいな弁当だった。人のと比べるとわかるのよ。(中略)小学生の時かな、弁当箱を開くと友達が寄ってきて「交換してくれ」って、俺の玉子焼きを欲しがるの。「芥川んとこの玉子焼きは、黄身しか使ってねえ」って評判になった。そんなわけないのよ。ただ、まっ黄色で白い模様がなかったから、そう言われたの。おふくろは几帳面だったから、ていねいにていねいに玉子をかき回してから薄いやつを何枚も重ねて巻いたんだよね。
 うちのカミさん?白い模様どころか、ちょっと焦げとるぞ。しかも、ぎゅうぎゅう詰めだ。俺のこと、太らせたいのよ。 (p142)

 おやつって言ったら、味噌むすびね。季節によって、ちまきがいっぱいに台所にぶら下がってた。ほれ、ふきんを引っかけておく場所よ。あそこに、ズラーッとちまきが並んでて、ひとつふたっつって、取って食べたのよ。一緒に食べるきなこも、家で作ってたし、包む笹だって、そこらへんにいっぱいあるわけだ。
 昔はそうやって、何だって自分のところで作ったんだ。梅干しも変わったよな。昔はさ、とにかくしょっぱくてすっぱくて、あれを見るだけで唾液がだらだら出て、ご飯をいっぱい食べられたもん。今は、梅干し見たって唾液なんか出てこないよ。  (p178)


阿部了写真, 阿部直美文 『おべんとうの時間』 読了。

大学教授、海女、幼稚園児、写真家、鉄道運転士。等等。
人の数だけ生活があり、仕事があり、それぞれの食卓がある。
39個のお弁当と、家族の食卓にまつわる思い出、39人分のインタビュー。

いわゆるレシピ本ではない。
普通の人の、ごく普通の、“いつものお弁当”の写真だ。

整然と美しく詰められた料理本のお弁当とは違って、
全体的に茶色っぽかったり、隣のおかずが越境していたり、
おかずの仕切りもカラフルな紙カップでなくアルミホイルだったり。

なのに、どれもすごくすごく美味しそうで、それに、どこか懐かしい。

旦那さんが朝早い仕事で、3時半に起きてお弁当を作る奥さん。
ゆっくりと座ってお昼をとる時間もない忙しい仕事の人。
病気の奥さんの代わりに娘さんのお弁当も作るお父さん。

色々な事情があって、色々な家族がいて、色々な考え方があって、
でもみんなご飯は食べなきゃいけなくて、
工夫したり心配したり譲り合ったりして、それが全部“お弁当”に詰まってる。

インタビューの文章も、みんな思いつくまま喋ってる、という感じで、
よくある“イイ話”ばっかりというわけでもない。

でも、なんとなく見えるんですよね。
そのお弁当の向こうに、家族の身体を気遣う気持ちとか、
大人になってから、母親を有難いなって思う感謝の気持ちとか。

思いつくまま、適当にページをめくっていても、
どのページでも、ついついじっくり隅々まで舐めるように見てしまう。

だって、卵焼き一つにしたって、どれ一つとして同じ形のものがない。
そのうち「うちのお母さんはネギ入りの玉子焼きが好きだったなあ」とか、
「定番のおかずなのに、そういやお弁当にしゃけが入ってたことないなあ」とか、
自分が子供の頃に作ってもらったお弁当の事を思い出したりして、
なんともいえず懐かしい気分になります。

うちの母は器用だったし料理が上手かったんで
いつもおいしいご飯食べさせてもらってました。

胡麻もね、ちゃんとフタがついてる小さいフライパンみたいな、
胡麻煎り器?で毎回煎るんだよね。
それをすり鉢でごりごり擦るのはわたしの仕事だった。
すり鉢の溝にはさまった胡麻の粉を、つまようじで綺麗にこそげ取るのに
熱中してたw へ、へんな子供・・・(´∀`|||)

たぶん、生粋のズボラな癖に、
美味しい物を食べるためなら手間ひま惜しまない
わたしのこの性格も、確実に母から受け継がれたんだろうな(o´∀`o)


てか、ほんとなんでなんだろう、
どんだけ思い出しても、しゃけ入ってたことないぞ、
うちのお母さんが作ってくれたお弁当・・・・。

晩御飯のおかずには、普通に出てたのに。
うーん、謎だ・・・・( *`3´)



職場でチケットもらったから行こうぜ、と友人が誘ってくれたので
GW最終日にインテックスの食博行ってきました!

食い倒れログ。ほぼ写真です。

編集_130506_1407~01_R
編集_130506_1408~01_R
編集_130506_1416~01_R

世界の味覚館。四方八方こんなかんじで目移りどころの話じゃない。
ケバブとドンドゥルマがやたらと多かった気がする。
サバサンドは後で食べようと思って戻ってくるつもりだったのに
胃袋の限界により断念。

朝トースト一枚食べただけなので、ハラペコ状態で選んだ最初の食べ物はこれ。

編集_130506_1309~01_R

ギリシャ料理の店で買ったチキンケバブサンドと
向かいのインド料理の店で買ったマンゴーラッシー。

ピタの中に千切りキャベツ、チキンのケバブとトマト。
これテリヤキのような甘っからい味で、でもスパイス効いてるから
日本ではあまりない味ですごく美味しかった(o´∀`o)
チキンの脂とソースが染みたキャベツがまたうまいんだよー。

編集_130506_1308~01_R

友人は地中海料理の店で牡蠣のパエリヤを買っていた。
「ワイン探してくる!」と言って戻ってきた友人の手にはなぜか
ドイツビールがww
『もやしもん』で読んだピルスナーやヴァイツェンなども売ってました。

編集_130506_1254~01_R

タイ料理ブースですごくカラフルなスイーツを発見(。+・`ω・´)☆
ルーク・チュップという、豆とココナッツの餡を、フルーツの形にして着色してある
一口サイズのタイのお菓子。

編集_130506_1600~01_R


すごく・・・ティム・バートンです・・・。

味自体はうす甘くて、ちょっとエスニック風味の白あん、といった感じ。


編集_130506_1445~01_R

日本の味覚館。
解体された本マグロの頭が、大人の頭部2個分くらいあるー(。´Д⊂)

編集_130506_1446~01_R

本マグロの串焼き!!
脂たっぷりでおいしかったです・・!(`ФωФ')

編集_130506_1523~01_R
編集_130506_1527~01_R

かに汁と焼きウニと散々迷った末、カニ味噌甲羅焼きとホタテ貝焼き。
どっちも焼きたてあっつあつでお出汁たっぷりでうまい・・!(*´pq`*)

編集_130506_1546~01_R

左上:ロマザバ(マダガスカルの野菜と肉のシチューかけごはん)
右上:マルカーリヤ(スリランカのサバカレー)
下:フェジョアーダ(ブラジルの豆と豚の煮込み料理)

世界の珍しいお米料理が食べられる、というコンセプトの
「ス米ル・マルシェ」
ここだけチケット制で、半膳分くらいの小盛りが一皿100円。

フランスのリ・オ・レ(オレンジのリゾット風スイーツ)
メキシコのアロス・アラ・ポブラーナ(メキシコの炊き込みご飯)
エジプトのコシャリ(エジプト風そばめし) etc....

色々ある中で、写真の3つをチョイス。
どれも日本人向けにアレンジしてあるっぽい味がして普通においしい。
ただ、パンフレットの写真とあまりにも違っていて
期待してた人はちょっとがっかりかも(ll'ェ')

あと焼きたての梅が枝餅と、ソフトクリームを食べたところで胃袋がギブアップ。
もっと・・・もっと食べたかった・・・!。゜゜(´□`。)°゜。

トマトのつけ麺と、ベトナムの白身魚団子入りのスープと
トルコのサバサンドと芒果冰(マンゴーのかき氷)も食べたかった(´;ω;`)

「10年前なら倍は食べられたのに・・・!」と
歯ぎしりしつつも、満腹のため猛烈な睡魔が(´-ω-`)
帰りの電車中でも、友人と2人して
「眠い、寝そう・・!ネムイ・・・」と呪文のように呟いてました。

日本の味覚館の半分は大規模な物産展、というかんじで
日本各地から色んなお店が出展していたので、
明太子や福岡のお醤油屋さんのドレッシング、淡路島のだしパックなど
試食させてもらって気に入ったものをお土産に買って帰りました~。


【おまけ】

編集_130506_1430~01_R

くまモン馬油

彼(?)はここらでひとつ、熊としてのアイデンティティを
見つめ直すべきじゃないかと思う。

4月のまとめ。

【本】 3冊

九月姫とウグイス (岩波の子どもの本)本にだって雄と雌があります怖い絵


【コミック】 28冊

☆4月新刊

もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC)ホテル・ラヴィアンローズ (KCx(ARIA))三等星のスピカ(2) (KCデラックス)続・すきまめし (マッグガーデンコミックス コミックエッセイシリーズ)もうそうのアキ 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)魔法少女・オブ・ジ・エンド 2 (少年チャンピオン・コミックス)流れ星レンズ 6 (りぼんマスコットコミックス)ふたりのテーブル(2)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)王様とわたし リカチ短編集 (BE LOVE KC)南Q阿伝(2) (シリウスKC)どうせもう逃げられない 4 (フラワーコミックス)七つの大罪(2) (講談社コミックス)PとJK(1) (講談社コミックス別冊フレンド)Hatch 2 (Feelコミックス)おんなのいえ(1) (KCデラックス)未成年だけどコドモじゃない 1 (フラワーコミックス)ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)LOVE SO LIFE 12 (花とゆめCOMICS)鬱ごはん(1) (ヤングチャンピオン烈コミックス)少年ノート(5) (モーニング KC)一週間フレンズ。(3) (ガンガンコミックスJOKER)

☆既刊

愛しの可愛い子ちゃん 2 (りぼんマスコットコミックス クッキー)制服の微熱 1 (フラワーコミックス)ももも怪レストラン(1) (Gファンタジーコミックス)湯神くんには友達がいない 1 (少年サンデーコミックス)上から片想い (講談社コミックス別冊フレンド)おとりよせ王子飯田好実 1 (ゼノンコミックス)

1巻と読み切り多めだな・・・。
あと、いつにもまして少女マンガばっかり(´Д`;)
1巻は出来るだけジャンル関係なく読むようにしてるんだけど、
今月は少年・青年系で気になるものがなかった・・・。

『Hatch』は、1巻の母子関係の泥沼っぷりがすごかっただけに、
拍子抜けする完結だったなー。もっと泥沼って欲しかった。


おすすめの1巻は、
三次マキ『PとJK』、アサダニッキ『ナビガトリア』です。

PとJK(1) (講談社コミックス別冊フレンド)PとJK(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2013/04/12)
三次 マキ

商品詳細を見る


ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)
(2013/04/16)
アサダ ニッキ

商品詳細を見る



【アニメ】

☆1話のみ

「断裁分離のクライムエッジ」「ゆゆ式」「這いよれ!ニャル子さんW」
「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」「絶対防衛レヴィアタン」
「変態王子と笑わない猫。」「フォトカノ」「惡の華」
「アラタ カンガタリ~革神話~」「波打際のむろみさん」

☆録画済、未視聴
「進撃の巨人」「カーニヴァル」「キングダム」(地上波)「刀語」(再放送分)

☆継続

「うたの☆プリンスさまっマジLOVE2000%」「革命機ヴァルヴレイヴ」
「翠星のガルガンティア」「「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」
「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」「はたらく魔王さま!」
「よんでますよ、アザゼルさん。Z」「ムシブギョー」

最近の生きがいが「はたらく魔王さま!」です。
あとキョウリュウジャーね。

見逃した4話をニコ生で快適に見るためにプレミアム会員に再入会しましたがそれが何か(゚▽゚*)

第4話を録画し損ねて、Twitterで「VAIOの役立たず!もう捨ててやる!キーッ!」と
激おこぷんぷん丸(使い方合ってますか)していたらですね、
「魔王さまは配信ありますから!」「ニコ生でやりますよ!大丈夫」と
フォロワのみなさんが優しく慰めてくれました(。´Д⊂)やさしいね・・・・

魔王さま、あまりのダークホースすぎて、もう何がなんだか・・・・。
原作文庫も進撃と並んで飛ぶように売れてますね。

ヴヴヴ、マジェスティックプリンス、ガルガンティア、と
今期ロボットアニメ多すぎ!どうせどれも好きじゃねーよwと
思ってたらこれがね・・・どれも面白くってですね・・・・!

ヴヴヴは説明不足というか、場面転換が雑すぎてもったいないなぁと
思うことはあるんだけど、ヴァンパイアとロボットSFと学園もの、
という三つ巴が新鮮で、シナリオ破綻しないようにがんばって欲しい。

ガルガンティアは、資源の限られた世界で人が寄り集まって生きている、
っていう設定が個人的に好きすぎる。
あと、兵士として育てられて感情の欠落したレドが人間ぽくなっていくとことか。
それとチェインバー杉智は人間の価値観理解しすぎだと思うwww

TLではあまり話題になってませんが、「ムシブギョー」がもう
何のヒネリもない王道直球すぎて、一周回って逆にすごく楽しいです。

星矢Ωは新章見て挫折。
オメガにおけるアリアとはいったいなんだったのですか・・・。
スティールってなんやねんタワシか・・・。

春は魔王さまとキョウリュジャーを心の支えに生きていきます。
空蝉丸かっこいいですね!あとキョウリュウゴールドの
スーツアクターさんはもうちょっとお肉つけたほうがいいと思うんだ。
足とかがっばがばやん・・・・(゚Д゚ll)