ハリスおばさんパリへ行く (fukkan.com)


ポール・ギャリコ『ハリスおばさんパリへ行く』読了。

これギャリコだったんかー!Σ(゚Д゚;)

小学生の頃、青い鳥文庫で読んですっごい好きだった話で
復刊されてたのを知って読んだんだけど
当時はギャリコの名もギャリコが男性なのも知らなかったから
今回いろいろびっくりした( º言º; )


ロンドンで、ハウスキーパーさんとして働くハリスおばさん。
ある日、仕事先の邸宅で偶然目にしたディオールのドレスに
恋をしてしまい、どうしても自分でも欲しくなり、
四苦八苦してようやく貯めた大金を手に、単身パリへ。
しかし、ドレスを手に入れるまでには数々の問題が・・・。


もう、初めてドレスを目にするところから、
お金を貯める過程、モンテーニュ街のディオールに乗り込むところ、
最初から最後までずっとドラマチック。

ハリスおばさんはほしかった。むしょうにほしかった。世界でいちばん高価な店のとおり紙のついている、パリのディオールの店から、なんとしてもドレスを買いたかった。でも、ばかではなかった。そんなドレスをつけて人さまの前へ出ようなどとは、ゆめにも思っていなかった。じぶんにあたえられている場所はたった一つ、じぶんのすむへやだけだということも知っていた。(中略)生活の苦しみのにじんでいるこのへやには、じつのところ、そのような最高級のぜいたく品、あでやかなドレスがはいりこむ余地はなかった。しかし、おばさんは、そんなドレスをぜひとも自分も持ちたかった。女性の、ものを持ちたがる性分のせいだと、だれがけなしたってかまいはしない。ドレスを戸だなの中につるしておいたら、へやをるすにしてはたらいているときも、(あそこにあれがあるんだよ。)と思っていられる。そこには、すてきな手ざわりと、目の保養をさせてくれるじぶんのドレスが待っている。そうなったら、どんなにいいだろう。 (p35-36)


この辺りとか、大人になってから読むと本当に心に迫る。
そう、そうなんだよ!似合う似合わないとか関係ないの。
身分不相応だろうが、「どこに着て行くんだよw」って言われようが、
「このすてきなドレスがわたしのもの」というその事実だけで
満たされて、仕事がんばるって気になるんだよ。そういうものなんだよ!!

子供の頃は、これがギャリコが書いたということも
ギャリコが男性であることも知らなかったので何とも思わなかったけど
今考えるとギャリコすごいわ。
こういうのって男性と女性では価値観が違う最たるものだと思うけど
こんなに女性の心理を細やかに表現出来るなんて・・・。

ハリスおばさんの親友、バターフィールド夫人をはじめ、
ディオールの支配人・マダム・コルベールやモデルのナターシャといった
パリで出会う人々たちを巻き込んで、
どうしてもドレスを手に入れたいというハリスおばさんの情熱が
連鎖的に引き起こす数々のドラマが本当に面白い。

ギャリコの本はどれもそうですが、
ただ面白いだけでなく、読んだ後とても優しい気分になれます。
子供から大人までおすすめできる傑作だと思います。


チマチマ記


長野まゆみ『チマチマ記』読了。

しろっぽいクリーム色の毛並に、おなかにひとつ、
キャラメル色(または、柿あんこ)の斑があるぼくはチマキ。
鼻の先だけしろい、チョコレートブラウンの弟はノリマキ。

猫の兄弟が暮らす宝来家には、小巻おかあさんをはじめ、
まかないのカガミくん、生意気な才女だんご姫、
すてきなマダム日奈子や油断のならない男・桜川くん、
そして謎の男、ジャン=ポールといった個性的な人達ばかり。

カガミくんの作る、ヘルシーかつ美味しいごはんを中心に、
宝来家の人達の四季の暮らしをチマキが綴る、「チマチマ記」


うぐう、腹が減った・・・・(⊃д⊂)


長野まゆみと言えば、曹達水、蜂蜜麺麭、檸檬水
(※シトロン・プレッセと呼ばなければいけない。)
レンズ豆、シトロネル酒!・・・・ で  す  が
長野さんもお年を召すにつれて和食に目覚めたのか、
いいかんじに和洋折衷された凶悪に美味しそうなごはんが!
これでもかーこれでもかーとわっさわっさ出てきます。

例えばね、冒頭のメニューですよ。

Early spring 朝ごはん

鶏ごぼうのりんご炊き合わせ
しらすぼしふりかけブロッコリー
玄米ごはん


しかもこれを作っているのは、小巻おかあさんでなく、
いつもパリっとした真っ白いおしゃれなシャツを着た、
指も髪も細いスリムなメガネ男子、カガミくん。
おいおいー、こんな男子がこんなすてきな朝ご飯用意して現れたら
うっかり求婚しちゃうじゃないかよー。

まあそこはそれ、アレです、残念ながら長野さんの書く
男子は究極ファンタジーであるからして。
久々にBL色のなさげな長野さん・・・と思いながら読み始めましたが
しれっとさ、しれっとねー、やっぱりねー、そうだよねー、という展開に。
ただまあ、小説現代連載ということもあってか、かなりライトな描写であるので、
気にしなければさらりと流せる程度。

カガミくんの作る、旬の食材を使ったヘルシーで栄養たっぷりの
人間ごはん+猫ごはん、それに食にまつわる薀蓄もたっぷりで、
猫と美味しい物好きにはたまらんお話です。



*.....*.....*.....* メニューのメモ *.....*.....*.....*

☆たらのすり身のふわふわ団子
(たらと山の芋と地粉をすり鉢ですって、ふっくらさせたのを
 スプーンですくって昆布とかつおだしの澄ましの中へ落とす)

☆鶏ごぼうのりんご炊き合わせ
 (鶏、ごぼう、りんご、しょうゆ、バルサミコ酢)

☆春野菜のドライカレー&黒豆入り玄米ごはん
 (カレー粉、塩、はちみつ、干しトマト、ピーマン、ドライレーズン他)

☆そばまんじゅう
 (黒糖、おしょうゆ、ヒュウガナツのピール入り)

☆ホタテ貝柱とミックスビーンズのキウイソースマリネ

☆レタスチャーハン
 (玄米ごはん、ネギ油、しらすぼし、いりごま、レタス)

☆ネギ油
 (長ネギをきざんでハーブソルトを振って軽く干す、
 保存瓶に入れて上から油、三日くらい寝かせる)

☆レタスの丸ごと煮込み
 (レタス5分茹でる、鍋にスープ2cm(コンソメでも昆布でも)
  ブーケガルニ、バター、豆の缶詰、オレンジピールかレモンピール、
  ハーブソルト、ベーコンもよし、上からレタス乗せて30分蒸し煮)

☆巣ごもりパン
 (サンドイッチ用パンをプリンカップでチューリップに焼く、
 マスタード、バジル、大豆ペースト、茹でた野菜を詰める)

☆茄子の煮浸し、しょうが汁ぶっかけごはん

☆豚ひき肉だんごのもち米蒸し、穴子棒ずし

☆牡蠣豆腐
 (溶いた卵の中に豆腐と片栗粉をまぶして炒った牡蠣を刻んで入れて
 軽く混ぜ、葛あんをかけて蒸籠で蒸す)

☆ベークド・アップル・サンドイッチ

☆洋ナシのホットスムージィ



飛行士と東京の雨の森


西崎憲 『飛行士と東京の雨の森』読了。

「理想的な月の写真」「飛行士と東京の雨の森」「都市と郊外」
「淋しい場所」「紐」「ソフトロック熱」「奴隷」
の7編からなる短編集。

不思議な印象の本。

これといって特別な設定や事件が起こるわけでなく、
(最後の「奴隷」だけは別。これだけ異色作)
ありふれた“日常”と、日常の中にふと現れる“人間の懊悩”
のようなものが描かれていますが
不思議な寂寥感と、ノスタルジックな雰囲気に呑まれます。

著者の略歴を見ると、音楽レーベルを主宰されていたり、
翻訳も手がけるということで、全体的に知的な香りがするけれど
シモーヌ・ヴェイユなんかを引用しているのに
難解さや押しつけがましさを感じないのは文章が巧いせいなのかな。

ストーリーの起承転結にメリハリがあまりなく、
「面白かった!!」とか「感動」とか、
そういうパッションの強い感想は抱きにくいんですが、
ちょっと他と違う、知的で、どこか寂しい空気感を楽しみたい、という人は
ものすごく好きなタイプの作家さんだと思う。

亡くなった娘のために、娘が好きだったものを素材にして
CDを制作してほしい、という依頼を受けた音楽ディレクターが
娘の遺した10のアイテムを元に、娘の生きた軌跡を追う話
「理想的な月の写真」

友人から聞いた「紐」にまつわる話
「紐」

ある日奴隷を買うことを思い立った専業主婦の話
「奴隷」

この3つが好みでした。

金星特急 (1) (ウィングス文庫)

嬉野君 『金星特急』1 読了。

絶世の美女という言葉すら生ぬるい、全ての男の運命の女・金星。
彼女の花婿に選ばれれば、この世の栄華は思いのまま。

花婿候補たちを乗せた列車“金星特急”は、
いずこからともなくやってきて、どこへとも知れず消えてゆく。
そして、花婿候補たちは誰一人、戻ってくることはない────



これは面白い。
これぞ新書館!


面白いのに、いまいちメジャーになり切れない感!!

(全力で褒めてる)

このラノベ戦国時代において、ウィングス文庫、という
マイナーレーベルから出ている冒険ファンタジーもの。

いやー、もうね、懐かしいんですよこのテンション。
王道を掠りそうで微妙に逸れる独特の味わいがね!
(繰り返しますが褒めています)

月刊Wings、サウス、小説Wingsを毎号欠かさず発売日に買っていた時代が
わたしにもありました( ´ー`)
テン・カラットなんていう意味不明な増刊もありましたね、
まだ覚えてるよ、楠本まきが表紙のやたらデカい本。
あれなんだったんだろうね、1号きりしか出なかったけど・・・。

あの頃のWings・サウスってさあ、
CLAMPと西炯子とよしながふみと高河ゆんが同じ雑誌に載ってたんだぜ。
今となっては夢のような話だろ・・・?

当時はまさか、土6ガンダムをゆんせんせーのデザインで拝めるとか、
月9でよしながさんのマンガがドラマ化されるとかね、
CLAMPがNHKでアニメ化されるとかね、
まさかそんなね、まさかそんな時代が来るなんてね!!

(ところで源氏どうなったですか、原獣文書どうなったですか、
 水月博士と黒井貴也はどこ行ったですか・・・・)



~~~懐古終わり~~~


というわけで金星特急1巻です。
1巻は世界観をざっくり描きつつ、とにかく謎!謎!謎!
この人はいったい何なの?こいつ怪しい!気になる!!
と、謎をてんこもり積み上げてのスタート。

おそらく遠い未来というかパラレルワールド?なのかな?
主人公たちが出発するのは現代ニッポン的東京駅だけど、
主人公の母親が花魁だったり、世界が共通語化されていたり、
日本が3つの橋で外国とつながっていたり。

この世界観と、金星という謎だらけの美女が募集する花婿候補、
その花婿候補たちを乗せて走る謎の列車・金星特急。
この設定が、いわゆるファンタジーの“王道”には掠りもしない、
先が全く見えない途方もなさがあって、非常に引き込まれます。

なにより、キャラクターがいい!(*゚∀゚)=3
意識して描かれているのか、ビジュアルがいい意味で“漫画的”
元気と無邪気さが取り柄の、ただの高校生・錆丸と、
なにやら物語の謎が秘められていそうなペットのトカゲ、ウェル。
黒ずくめで一匹狼、やたらに腕の立つ隻眼の砂鉄。
金髪碧眼美貌の騎士(ただし大食らい)のユースタス。

砂鉄とユースタスはやたら強いし、もりもり裏事情を背負ってそうで
すごくそそる。やたらそそる。

あと砂鉄がとても好みです。

ユースタスに関しては
<ネタバレ>あれ?この人女じゃね??<ネタバレ終わり>
という伏線っぽいシーンがほんのり出てきたりするんだけど。

ちなみにヒロイン??の金星は1巻ではビタイチ出てきませんw

こちら完結済作品なので、一気に読んでしまうか、
一月に1冊のお楽しみにするべきか、とても悩むね!


ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50


福田里香 『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50』読了。

【目次より】
02 仲間は同じ釜の飯を食う
18 カーチェイスで、はね飛ばされるのは、いつも果物屋
27 マグカップを真顔でかかえたら心に不安があるか、打ち明け話がはじまる




まんがやアニメ、映画やドラマの中で様々なシーンで登場する“食べ物”。
物語に“食べ物”が登場することによって、登場人物の性格や感情、
置かれた状況などが鑑賞者へ有効に、スムーズに働く。
50のシーンとともにその「フード理論」を解説。


うーーーーーーん。
オノ・ナツメさんの挿画にだいぶ助けられてるなぁ、という本。

確かに、いちいち「はぁ、なるほど」とは思うんですよ。
同じ食卓を囲んでいれば「仲間」もしくは「家族」であろうし、
カーチェイスではカラフルな果物が飛び散れば画面に派手さが出るし、
これ見よがしにマグカップを両手で抱えれば、
それは「思案」の表現であるか会話の前触れであろう、と思う。

そういう共通理念というかメタファーをわざわざ言語化したところで、
果たして「理論」と呼ぶような大層なものか、という気がする。
これといって新しい発見もないし、根拠となった作品を例示しないので
「理論」と呼ぶには無理がある・・・・かなあ。

雑誌のちょっとしたコラムとして読むなら面白いかもしれないけど、
まとめて50編読むのは正直辛かったとです(´Д`|||)

しかし、各話に1カットずつあるオノ・ナツメさんのイラストが
ほんとにどれも最高なので、オノ・ナツメファンの方は
イラスト目当てに手にとっても充分満足かな。

この本のイラストを使ったグッズがナタリーストアで売ってるんですよねー。
うーん、かわいい(゚▽゚*)

このマグカップ、欲しいなあ。
モノトーンでセンスのいいマグカップって意外とないんだよね。

http://store.natalie.mu/shopdetail/001007000002/003/002/order

2月のまとめ。

【本】2冊

あたたかい水の出るところ食欲の科学 (ブルーバックス)



【コミック】 29冊

☆2月新刊

DEVIL CHILDREN × AS 1 (B's-LOG COMICS)帝の至宝 5 (花とゆめCOMICS)トラップホール 1 (Feelコミックス)GANGSTA. 4 (バンチコミックス)花君と恋する私(5) (講談社コミックス別冊フレンド)七つの大罪(1) (講談社コミックス)極楽長屋 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)監視官 常守朱 1 (ジャンプコミックス)恋する女の子はいつも (マーガレットコミックス)どーにゃつ(2) (ヤングガンガンコミックススーパー)魔法使いの心友 2 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 5 (マーガレットコミックス)泣き虫チエ子さん 2 (愛蔵版コミックス)恋におちたら (フラワーコミックス)


☆既刊

ぎんぎつね 8 (ヤングジャンプコミックス)うらら(2) (KC KISS)キミにともだちができるまで。 1 (ゼノンコミックス)君曜日 ─鉄道少女漫画2─ (書籍扱い楽園コミックス)ぽっちゃれ (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)となりの外国人(1)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)ちっちゃな頃からおばちゃんで(2) (KCデラックス)LLLL (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)花にけだもの 9 (フラワーコミックス)青春ロケーション 2 (マーガレットコミックス)カヲルくんと花の森 1 (フラワーコミックス)杜康潤のトコトコ三国志紀行くーねるまるた 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)一週間フレンズ。(2) (ガンガンコミックスJOKER)


やたら寝てばかりいたので今月はあんまり本は読めず。
あと放置してた無双6specialを今頃やってたり。
クロニクルモードがほとんど手付かずだったので、ごりごりマップ埋めてます。
最強武器が行商人から金で買えるとか、せちがらいですね!!


コミックは1月新刊の取りこぼしてた分をぽちぽちと。
『坂本ですが?』と『くーねるまるた』はTL上でも難民だらけでしたが
わたしもよーやくゲットできました。

まだ未読の時に、ギャグ漫画好きなバイトちゃんに
「坂本どうだった??」て訊いたら
「んーまあよくあるカンジですよ」って言ってたけど、
おい、きみギャグ読みすぎて感覚がおかしくなってるぞww

『ふうらい姉妹』とか『ヒナまつり』とか、ビームコミックスは
時々新しいテンションの笑いを持ってきますが
坂本もかなり目新しいテイストのギャグだと思います。
どっちかっていうとじわじわくる系かなー。

おすすめの一巻は
ねむようこ 『トラップホール』
鈴木央 『七つの大罪』
佐野菜見 『坂本ですが?』です。

トラップホール 1 (Feelコミックス)トラップホール 1 (Feelコミックス)
(2013/02/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

七つの大罪(1) (講談社コミックス)七つの大罪(1) (講談社コミックス)
(2013/02/15)
鈴木 央

商品詳細を見る

坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

読む人を選ぶ作風ですが『極楽長屋』も良かった。
極楽長屋 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)極楽長屋 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
(2013/02/14)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る



【アニメ】

俺修羅は挫折。
サイコパスとロボティクス・ノーツが非常に緊迫した展開になってきて
色々つらいです。サイコパスの作画も・・・つらい・・・(ノД`)
サイコパスは槙島くんの確保以降がぜん面白くなってきました。
4月に出るノベル「PSYCHO-PASS サイコパス/ゼロ 名前のない怪物」も
予約しちゃったよ。標本事件の真相を扱ったスピンオフらしいので。


あとですね、キョウリュウジャーがすごくおもしろい!!!
ゴーバスがかなり暗いというかシリアス展開だったんで
こういうバカっぽい(褒めてる)テイストはほっとするわ。

敵幹部のデザインがやたらに凝ってるw
千葉繁さんのナレーションもたまらんです。
(`ФωФ') <ガブリンチョ!!

それと、レッドと女子以外が黒・青・緑編成ってすごく珍しいのでは??
青い人はOPED見る限り黄色ポジだろ、
と思ってたけど2話見るとそうでもなかったり。
ピンクの子めっちゃかわいいですね!
どっちかというと凛々しい系美少女なのに、「ヒーハー!」とか
吹き替えがはっちゃけちゃっててすごくかわいい(*゚∀゚)=3