金原ひとみ「憂鬱たち」

憂鬱たち

金原ひとみ「憂鬱たち」読了。

ありとあらゆる憂鬱たちが、彼女をフルボッコしにやってくる。
「憂鬱」に愛された女、カンダユウのエキセントリックな妄想デイズ。

大まかな筋としては、3年ぶりに激しい鬱に見舞われた主人公が
今日こそは病院(心療内科)に行くぞ、と決心して家を出るも、
数々の「憂鬱たち」の邪魔が入り、結局全然別の行為をしてしまう、
というただそれだけの話。

邪魔といっても、実際に彼女の行動を制限する何かが起こるわけではなく
彼女の鬱から来る妄想が全て。

他人に自分の思考が漏れている、というような、普通ならありえない
(と判断される)事象も、彼女の中では整合性が取れていたりして
やたらとディティールが細かい描写と相まって
次第に何が現実でどこからが彼女の妄想なのかがよくわからなくなってくる。

読んでいるほうも軽い酩酊状態になります。
彼女の妄想というのが、シュールな中にどこか喜劇っぽいとこがあって
最終章で彼女自身も
しかし私は憂鬱な世界に生を受けた事をきっと心のどこかで受け入れている。憂鬱は快感だ。憂鬱は始まりだ。 (p214)

と、どこか諦め半分に憂鬱たちを愛おしんでいる。

読み始めてすぐ、「あぁこれは救済の話じゃないな」
と思ったんで、とりあえず彼女の妄想にそのまま乗っかって
軽い酩酊感を楽しみました。
あんまりごちゃごちゃ考えて読むのには向いてないと思う。


それにしても「神田憂(カンダユウ)」っていう
想像力の膨らむネーミングセンスが秀逸。
はっきりした年齢や容姿の描写がないので
(おそらく二十代~三十代くらいの女性だとはわかるんですが)
自分の好みのビジュアルをあてはめて読むと楽しさ割増し。

黒木メイサみたいなミステリアス系美女で想像するもよし、
逆に、長谷川潤みたいな健康的美女が病んでるのを
想像するのもオイシイ(*´pq`*)


0 コメント:

コメントを投稿