あさのあつこ 「ガールズ・ストーリー」

ガールズ・ストーリー


引っ越し作業で本を詰め中、宮部みゆきさんの時代物をパラパラ
読み返していて、江戸ものが読みたくなったので。
宮部さん、最近は時代ものはホラー系が多くなってしまって・・・
夜に読んだらおトイレ行けないじゃないですか(。´Д⊂)

「ガールズストーリー おいち不思議がたり」は貧乏長屋に住む
医者・松庵の16歳になる娘、おいちが主人公。
このおいちには、普通の人には見えないものが見え、聞こえる
不思議な力があった・・・・。

うーむ。これ、宮部さんの某シリーズとまる被りじゃないですか(´ェ`;)
設定が気になりつつも、まあ「宮部さんぽいもの」が読みたかったわけで、
そういう意味では「そうそうこういうのが読みたかったの」という感じ。

おいちがとても好感の持てる女の子だし、おいちの縁談相手の
生薬屋“鵜野屋”の若旦那をめぐる事件と謎解きも面白かった。
ミステリの謎解きそのものよりも、事件にまつわる人情が
細かく描かれていて、そこも好きでした。やっぱ時代ものはこうでないと。

あとですね、新吉が!新吉かわいい!!
いい歳してあのウブさってどうなのさ・・・!
ラストでおいちちゃんといい仲になるのかと思いきや、
なにこれ生殺しか!続刊読めってか!読むよ!(*゚ω゚)=3

0 コメント:

コメントを投稿