ラウラ・ガジェゴ・ガルシア「漂泊の王の伝説」


漂泊の王の伝説



ラウラ・ガジェゴ・ガルシア「漂泊の王の伝説」読了。

いやあこれ面白かった!!
久々にページを繰る手が止まらない、ぐいぐい読ませる
実力のある本に逢いました。
Wikiを見てみたら、どうやらこれ作者が22~3歳の時の作品みたいで
びっくりだよ・・・。


砂漠の小さな王国の王子・ワリードと、貧しい絨毯織りの男、そして
絨毯織りが織った「この世のものではない」絨毯を巡る運命の物語。

もうとにかく、王子が抱える暗い嫉妬心による陰湿なイジメによって
絨毯織りが正気を失っていく過程がぞくぞくします。

最初から最後まですごくドラマチックな展開で
要所要所で「運命」というワードが出てくるんだけど、
それはすべて登場人物のこういう行動・心理によって引き起こされたものですよ、
という、ロジカルな「運命」の描かれ方です。

ロジカル・・て表現はおかしいかなあ、
「因果応報」というのが近いかもしれない。
原著ではどういうニュアンスのワードなのかなあ。

子供向けのファンタジーなのに、
主人公のワリードが徹底的に「ヤなヤツ」で、これがなんというか
大人にはツラい。

子供の目線なら「うわーなにコイツ!むかつく!」とか憤慨するところでしょうが
ワリードの「ヤな」ところというのは、嫉妬、支配欲、優越感、のような、
人間が誰しもが持っている、醜い負の部分。

大人はそれを自覚している分、ワリードの振る舞いが心をえぐるんですよ。
「もうやめて!!そんなことしても後で辛い目に遭うのはあなたですよ!!」
と何度叫びそうになったことか・・・。

中盤~後半はワリードが、己がしたことの代償として、自らの運命を
受け入れて「漂泊の王」となるわけなんだけど、
これも「ヤなヤツ」から改心して急に「いいヤツ」になるわけではなく、
楽になろうとしたり、忘れようとしたりして常に「迷い」がある。
それだけに、ラストにかけてのカタルシスが気持ちよかったな~。

子供の頃に読んでいたら、きっとものすごい衝撃だったと思う。
ただ、大人は大人なりの楽しみ方が出来ると思うので
年齢関係なくおすすめしたい傑作ですわ。



0 コメント:

コメントを投稿