ヤン・マーテル「パイの物語」

パイの物語


ヤン・マーテル「パイの物語」読了。2002年のブッカー賞受賞作。
ずっと読みたかったんですが、夏休みに読みたいなあと思ってとっといたのです。

夏休み、ないんですけどね。

カレンダー通りの勤務なので8月は休みなしです。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
祝日がない分、他の月より過酷です。お盆?なにそれ食えんの?状態です。
気分だけでも夏休み味わいたいので、「夏休みぽい」本をチョイスしました。
む、むなしい・・・・。・゚・(つД`)・゚・。


インドからカナダへ出航した貨物船が沈没。太平洋に放り出された救命ボートには、
16歳のインド人の少年と、オラウータン、シマウマ、ハイエナ、
そして、ベンガルトラ。

わずかな非常食と水、それと4匹の獣たちを相手に、
少年のサバイバルが始まる・・・。



わたしが子供の頃、講談社の「少年少女世界文学館」という月一配本の
子供向け世界文学全集がありまして、毎月とても楽しみにしてたんですが
「ロビンソン漂流記」と「十五少年漂流記」を読んだ時の衝撃がすごくてですね。
それ以来、漂流とかサバイバルとかに異様なワクワクを感じる子供になりました。
「赤毛のアン」と「飛ぶ教室」も大好きだったんですけどね。


で、4匹と1人のサバイバルなわけです。
生き残るために、少年が選んだ選択というのが大変おもしろい。
このあたりの心理戦というか「生きるための選択」の描写が秀逸でした。

このお話、3章立てになっていて、最初の1章が全体の1/3ほどで
ここで少年・パイの生い立ちが語られるんですが、これがかなり退屈。
というのも、彼はインド人であるにも関わらず、特殊な宗教観を持った少年で
キリスト・ヒンズー・イスラムを平等に実践しようとするんですな。
正直、わたしのような無神論者にはこのあたりの描写はおもしろくもなんともなかった。
早く漂流の話が読みたいのに!という感じでやきもきしました。

2章が漂流の話なんですが、これはさすがにぐいぐい読ませる。
そしてラストの3章でのどんでん返し(?)があるんです・・・が、
ちょっと調べると、これの元ネタになったお話というのは
英国では非常に有名な話らしいので、その知識があるかないかで
ラストの印象がかなり変わるような気がしますね。
「リチャード・パーカー」を知っているか否か、かなー。

このあたりが翻訳小説における問題というか、
文化圏の違う文学を読む時の一種の枷でしょうか。
まあ私に大した教養がないせいってこともあるんでしょうが・・・。

わたしとしては純粋に、物語として楽しめたので満足でした(゚▽゚*)

0 コメント:

コメントを投稿